ピンキープラス 太る

MENU

太るの定義は個人差もあり?

 

ピンキープラスの主な成分はイソフラボンです。

 

イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

 

体質を改善して女性ホルモンが自然に分泌されやすい体づくりができるので、それがバストアップ効果につながるわけですね。

 

女性ホルモンには、女性らしいふっくらとする作用があるので、もしもサプリを飲み始める前に女性ホルモンの分泌が不足しがちな人だったら、サプリを飲むことによって女性ホルモンが正常に分泌されやすくなって、体が丸みを帯びてくる可能性はあります。

 

これは決して太るとか肥満というわけではなく、あくまでも自然な丸みが出てくるというようなレベルです。

 

優しい雰囲気とか優しい印象になることで、もしかしたら鏡に映る自分を太ったと思ってしまう人はいるかもしれませんけれど、太ってしまうという定義は人それぞれだと思います。

 

サプリは目安を守ること

 

ピンキープラスに使われている成分は植物エキスばかりです。

 

そのなかでもバストアップに大きく貢献してくれる成分はブラックコホシュで、イソフラボンとかフェストロゲンなど体内に入ると女性ホルモンと同じ働きをしてくれる成分が豊富に含まれています。

 

女性ホルモンと似たような働きをしてくれる成分には他にもプエラリアなどがありますが、イソフラボンやフェストロゲンはプエラリアほど強烈な作用を持っているわけではないので、長期間続けても副作用の心配はありません。

 

もしもサプリメントを過剰に摂取してしまったりすると、体内に女性ホルモンのような作用をする成分が過多な状態になってしまい、それが肥満とかトラブルの原因になることはあるかもしれませんけれど、きちんと目安量を守っていればそのような心配はないでしょう。

 

 

 

私自身、ピンキープラスをもう半年ぐらい続けていますが、確かに体のラインが柔らかくなったなという印象はあっても、太って服のサイズが変わった、なんてことはまだ経験していません。たまに食べすぎた翌日にスカートがキツくなる事はありますけれど、それは単に食べすぎのせいなので、ピンキープラスとは関係ないと思いますよ!


 

 

 

TOPページではバストアップサプリ『ピンキープラス』について紹介しています。
安心してバストアップしたい方のために、ピンキープラスの口コミ・効果・最安値
での購入方法・解約方法・配送方法などお得な情報を掲載しています。